屋根の工事

壊れた屋根瓦

屋根は、建物の中で最も雨の影響を受ける場所です。新築時は頑丈な状態でも、長年雨の影響を受け続けることで、徐々に劣化していきます。すると屋根材がヒビ割れたり、接合部の隙間が広がったりして、そこから内部に雨水が入ることになります。 しかし屋根材の下には、コンパネやルーフィングが敷いてあります。そのため雨水が入ってきても、通常はこれらにより雨水のそれ以上の浸入は防がれます。ところが屋根材が劣化すると、コンパネやルーフィングも劣化しやすくなります。すると、雨水の侵入を防ぐことができなくなり、屋内に雨水が入っていき、雨漏りが発生することになります。 したがって雨漏りを防ぐためには、屋根材の状態を維持するためのメンテナンスが必須です。また、仮に状態が悪くなってしまっていた場合には、修理や交換などの工事が必要になります。これらをおこなっておくことで、雨漏りを防ぐことができるようになります。

メンテナンスや工事は、おこなう時期が早ければ早いほど効果的です。なぜなら、傷んでいる部分が少ない分、強度を回復しやすいからです。 たとえば屋根材にヒビが入っていない場合には、上から塗料を塗るだけで済みます。しかしヒビが入っている場合には、コーキングというヒビを塞ぐ作業が必要になります。その上から塗装すれば、ある程度は頑丈になりますが、塞いだヒビが年月を経て徐々に広がっていく可能性があります。 割れている場合には交換が必要になりますし、割れている箇所が多ければ、屋根全体を新しくするリフォーム工事をおこなうことになります。コンパネやルーフィングにおける劣化が進んでいる場合には、それらを交換する工事も必要です。 このように屋根は、状態が悪くならないうちに手入れをし、強度を保つようにすることが非常に大事なのです。